工房齋 木工ブログ

木工に関するいろいろなお話
やりたいことはやれるうちに

実は去年、ホンダのバイク NC750Sを買いました。

一昨年、いきなり親の介護に直面し、その姿を見るにつけ、やりたいことはやれるうちにやっておかないとやれなくなる、自分も還暦すぎてしまったから今乗っておかないとこの先乗れなくなると考え、思いきって買いました。

NC750Sを選んだのは、向かいのコンビニに止まっていたバイクを見て、シュッとしてなんてカッコいいバイクなんだと感じ、調べたらそれがホンダのNC750Sだったからです。

NC750Sはナナハンにしては破格の安さで(400より安い)、重心が低くてとても素直なハンドリングで乗りやすく、パワーは知れてるけど(必要にして十分なパワーはある)平均燃費はリッター30キロと抜群で、僕は素晴らしくカッコいいと思うけど、他のバイクに比べて派手さが無いのでどうもあまり人気がないようで、これまでに路上で遭遇したのはたったの一回きりです。

本当は一日中ひたすら走りつづけたり、泊りがけのロングツーリングや北海道ツーリングにも行きたいけれど、今の自分の状況でそれは許されないことなので仕事前に早朝プチツーリングを楽しむくらいですが、とても良い気分転換になっています。

理屈抜きでバイクは楽しい。

画像はホンダのホームページから拝借しました。

| koboitsuki | 徒然日誌 | 21:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
冬の寒さは辛い

私は冷え性です。作業場に火の気はまったくなく、機械加工の作業場は風が遠慮会釈なく吹き抜けます。

毎年恒例のチープな防寒靴につま先に貼るカイロ、バイク用の防寒下着の上下、厚手のジーパン、フリースのベストに防寒ドカジャン、そして毛糸の帽子で身体はなんとかなるけど、手の指先の冷えからくる痛みはどうしようもない。

防寒手袋してては仕事にならないので組立グリップか滑り止めの付いた軍手をしてるけど、すぐに指先が冷えて指が落ちちゃうじゃないかと思えるくらいにジンジン痛み、作業によっては手袋は危険なので素手になってしばらくすると、我慢できないほどの痛みが襲ってくる。

冷え性の者にとって、冬の寒さは本当に辛い。

| koboitsuki | 徒然日誌 | 20:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
木の家具40人展2018 出展者募集のお知らせ

今年の「木工家ウィークNAGOYA・2018」は6月1日(金)から3日(日)の会期で開催されます。

同じ会期にて、「木工家ウィークNAGOYA・2018」のエントリー企画として開催する「木の家具40人展2018」の出展者募集が始まりましたのでお知らせいたします。
出展を希望される木工家の方は、木工家ウィーク公式サイト内のニュースのページをご覧いただき、出展をぜひご検討ください。
なお、「木の家具40人展2018」はプロの木工家であればベテラン・新人の区別や過去の実績に関係なく、先着順で出展者を決定し、定員に達し次第締切となりますので、出展を検討される場合は早めの応募をお願いいたします。
| koboitsuki | お知らせ | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
木工家ウィークNAGOYA・2018に協賛していただける企業・団体を募集しています。

「木工家ウィークNAGOYA」は、木の家具からはじまる豊かな暮らしのあり方を、作り手と使い手がともに考えるイベントです。日本全国から木の作り手たちが名古屋に集い、市内各地にて作品展やワークショップなどを行います。木工家ウィークNAGOYAは2008年から始まったイベントで、今年で11回目の開催となり、木工家自らが企画運営するイベントとして、また工房家具展示会イベントとして国内最大規模のものとなっています。

 
木工家ウィーク実行委員会では、木材、機械、塗料、接着剤、金具などのメーカー様や販売会社の皆様、クラフトショップ様やギャラリー様など流通関係の皆様に幅広くご協賛をお願いしております。

 

1口5000円からのご協賛で、木工家ウィークNAGOYA公式印刷物、公式ウェブサイトに御社の情報を掲載させていただきます。

詳細は、こちらのページから募集案内・申込書をダウンロードください

 

協賛申し込みの締め切りは、誠に勝手ながら1月31日とさせていただいています。

締め切りまで短い期間ですが、ご検討いただけると幸いです。

| koboitsuki | お知らせ | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
木工家ウィークNAGOYA・2018 参加企画募集のお知らせ

来年の木工家ウィークNAGOYA・2018は、2018年6月1日(金)から6月3日(日)にかけて開催されますが、来年の木工家ウィークに参加する企画の募集が始まりました。

これまでの木工家ウィークの参加企画募集は前年のうちに締め切っていましたが、直前にならないと会場が使えるかどうか分からない!という声に応え、今回の参加企画募集は一次締切と二次締切の二段階締切となっています。

より企画参加しやすくなったと思いますので全国のプロの木工家の皆さん、個展等の企画で来年の木工家ウィークに参加してみませんか。

なお企画募集について詳しくは、木工家ウィーク公式サイトのこのページで公開されていますのでご覧ください。

 

注:このお知らせは40人展の出展者募集ではありません。40人展の出展者募集は来年1月初旬に始まります。その時はこのブログでもお知らせさせていただきます。

 

| koboitsuki | お知らせ | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
メール送受信の不具合について お願い

僕の能力では原因も頻度も分からないのですが、こちらから送信したメールが先方の届いていなかったり、逆に送信していただいたメールがこちらに届いていないことが時々あるようなのです。

問い合わせをしたのに返信が無い等のお心当たりの方は申し訳ありませんが再度メールをいただくか、留守番電話にお名前とお電話番号を録音していただけないでしょうか。(ファックスでもかまいません)

 

メールアドレス koboitsuki@eos.ocn.ne.jp

電話・FAX 0569−21−9711

 

電話は常時留守番電話になっていて、受話器を取ることはありませんのでご了承ください。

またナンバーディスプレになっていないので電話番号を録音していただかないと折り返すことが出来ませんので、よろしくお願いします。

 

【余談】メールアドレスを公開すると迷惑メールがどさっと来るよと忠告をいただくことがあり、確かにメールアドレスを公開するとしばらくは膨大な量の迷惑メールが送られてきますが、セキュリティがしっかりしているのでほとんどブロックされて不便を感じることはないです。

 

| koboitsuki | その他 | 21:08 | - | - |
業務連絡

電話で「家具の話を進めてください」とメッセージをいただいた橋本様。

どちらの橋本様でどのお話だったでしょうか。

うちの電話はナンバーディスプレイになってないので折り返し連絡をできずにいます。

すみませんがメールにてご連絡いただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

koboitsuki@eos.ocn.ne.jp

 

| koboitsuki | その他 | 09:24 | - | - |
いい写真

今年の40人展出展者の一人が写真を送ってくれました。

時は40人展の搬入日で、場所は電気文化会館の搬入口。

写っているのは40人展実行委員の3人で、チーム感のあるいい写真です。

ここ数年はこの3人だけで40人展を運営してきました。

この写真、すごくすきです。

| koboitsuki | 徒然日誌 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
木の家具40人展2017 終了しました

今年は金曜の中日新聞朝刊の愛知県内版に40人展の記事が掲載されたこともあり、とてもたくさんの来場者をお迎えすることができました。ありがとうございます。

少しですが、会場の様子を紹介させていただきます。

 

 

| koboitsuki | 徒然日誌 | 19:51 | comments(0) | - |
「木工家の集い」開催のお知らせ

 木工家ウィークNAGOYA・2017の公式懇親会「木工家の集い」が以下の要領で開催されます。

「木工家の集い」は木工家ウィークに参加している木工家はもちろん、参加していない木工家、木工に関係する業者様や木工関係者様であればどなたでも参加していただけますので、この機会にぜひご参加いただき懇親を深めていただければ幸いです。(アマチュア木工家の方は参加できません)

 

<木工家の集い開催要領>

開催日時:2017年6月2日(金)午後7時〜9時(受付6時半から)

開催場所:レストラン「ひしや」

     名古屋市中区栄3−1-8 名古屋栄 東急REIホテル B1

     電気文化会館から徒歩3分ほど

参加費: 3,500円(当日会場にてお支払ください)

参加方法:事前登録制(予約の関係で当日の飛び入り参加はできません)

     木工家ウィーク公式サイトのコチラからお申込みください

     

| koboitsuki | お知らせ | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
昔の工房日誌

このページの先頭へ