工房齋 木工ブログ

木工に関するいろいろなお話
チェストの仕上げ直し

これは僕の木工キャリアのごくごく初期(1999年頃だったと思います)に作ったチェストで、表面がすこしザラついてきたので仕上げ直しを施しました。

仕上げ直しと言っても難しいことじゃなく、全体を400番のペーパーで軽くサンディングしてオスモのフロアクリアを塗って拭き取っただけですが、たったそれだけの手間でしっとりとした艶と手触りが戻るのがオイル仕上げの良さですね。

もちろんどこも緩んでなくてシャキッとしてるし、引き出しの出し入れはスムーズな中にしっとりした手応えがあり、大きい引き出しは衣類がいっぱい入ってても片っぽのつまみを無造作に引くだけですっと出てきて気持ちいい。

そういったところは大量生産の家具には無い、入念に作り込まれた手づくり家具の良さで、普段は忘れていても10年20年30年40年経ったある日に突然「あ」と気づいていただけると思います。

なおこのチェストの樹種はブラックウォールナットで、出来上がったはなはもっともっと濃い色だったんですが、紫外線の影響でずいぶん退色してチークのような色合いになってます。でもこれはこれで味があっていいです。

表面のザラつきも紫外線の影響が大きいと思います。

紫外線は無垢材にとって百害あって一利なしです。

| koboitsuki | 作品 | 20:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
新作 オットマン
要望の多かった安楽椅子用のオットマンのサンプルを2個作りました。



サンプルは高さ違いで作ってあるので、実際に試していただいてご希望の高さでお作りします。

★ご注意★ 踏み台の代わりにはなりません。
      乗ったらすっぽ抜けるかワヤになります。

安楽椅子価格表(税込)

標準仕様  120,000円
ワイド仕様 135,000円
ハイバック仕様 135,000円
二人掛け仕様  220,000円
オットマン  30,000円

ご希望の木綿真田紐に変更する場合の追加料金 1,000円

オットマンのご注文は、安楽椅子をお買い上げいただいたお客さまに限らせていただきます。

上記価格は樹種がチェリー、ナラ、山桜等の場合です。
ウォールナットの場合は10%アップとなります。
価格・仕様は予告なく変更する場合があります。
| koboitsuki | 作品 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
安楽椅子の特注製作例


ひじ掛けの高さを2センチアップし、お客さんが持ち込まれた板を自然の形を生かしたナチュラルエッジ使いで製作しました。
真田紐は加賀錦袋紐を使用。
工房齋はこのようなご要望にもお応えできます。

特注製作の追加料金は都度見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせe-mail: koboitsuki@eos.ocn.ne.jp

以下は製作中の写真です。参考に


二枚ホゾはオーバークォリティだと思います。自己満足の世界です。

さあ最終組み立てだ!と気合を入れて臨みます。

定盤があるとガタをチェックできるから安心。

クランプする場所は部材にキズが付かないよう当て木をしときます。

木工家が作るソファ(ベンチ)はほとんどが板座かクッション座ですが、真田紐を使ったソファはオンリーワンだと思いますし、それらと比べて座り心地はずば抜けて良いと自負しています。
ウソや誇張だと思うなら実際に座ってみてください。
座った瞬間に全身の筋肉からス〜と力が抜けてくのを感じていただけると思います。
それは姿勢が無理なく安定するからです。
| koboitsuki | 作品 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
TS2チェアの特注例


【特注内容】
・樹種を桜で製作
・真田紐を標準仕様の木綿袋紐から加賀錦袋紐(704)に変更

この特注製作の見どころは、加賀錦袋紐で座面を編んだこと。

加賀錦袋紐は標準仕様の木綿袋紐よりかなり高くなるのでこれまで注文を受けたことはなかったですが、高いだけあってさすが質感がいいです。
| koboitsuki | 作品 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
TS2チェア アームタイプの特注例


【特注内容】
・座面高を3cm低く
・背もたれに着脱可能なクッションを追加
・畳ずりを追加
・なるべく軽く

座面高を低くすることと背もたれのクッション追加は簡単ですが、畳ずりを追加した上で軽くすることは相反します。

それで樹種を標準仕様のナラ材より軽いチェリー材とし、各部材を2mmづつ細くして製作しました。
各部材を細くしたことで計算上は畳ずりの重さは十分にキャンセルされているはずです。

このサイズの椅子の重さを量ることが出来るはかりを持ってないので正確にはわかりませんが、標準のナラ材のアームタイプと比べるとだいぶ軽く仕上がったと感じます。
もちろん強度や耐久性に不安はありませんと自信をもって言います。

今回の特注製作は高齢のご両親のためにご注文いただき、とても喜んでいただけました。

僕はこういった特注製作にも対応していますので、(できることとできないことがありますが)何かご要望があればとりあえず一度ご相談ください。
| koboitsuki | 作品 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
安楽椅子 価格表

 

標準仕様 120,000円    

ワイド仕様 135,000円

ハイバック仕様 135,000円

二人掛け仕様 220,000円

二人掛けハイバック仕様 250,000円

 

ハイバック用専用枕 13,000円

 

ご希望の木綿真田紐に変更する場合の追加料金

全タイプ共通 1.000円

 

ご希望の加賀綿真田紐に変更する場合の追加料金

標準仕様 12,500円

ワイド仕様・ハイバック仕様 15,500円

二人掛け仕様 31,000

二人掛けハイバック仕様 37,000


価格は税込、樹種がナラ、チェリー、山桜等の場合です。
樹種がウォールナットの場合は10%アップになります。
価格・仕様は予告なく変更になる場合があります。
真田紐の種類・色柄については織元すみやさんのサイトでご確認ください。


写真は二人掛け仕様

  

| koboitsuki | 作品 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
新作 二人掛け安楽椅子
完成してます。



よし! 狙った通りの出来上がりです。

画像はありませんが、ハイバック安楽椅子も完成してます。

金曜からの40人展でぜひ腰を下ろして座り心地を確かめてください。

そうそう、柴田航さんの木製ロボットフィギアも完成してるそうです。
 
| koboitsuki | 作品 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
TS2チェアの特注例


このTS2チェアのどこが特注なのかと言うと、横と後の貫を一本づつ増やして製作したんです。

打ち合わせの中で注文主さんから「自分は後ろ足だけでギシギシやる癖があるんだけど、この椅子は大丈夫だろうか?」と聞かれ、後ろ足ギシギシに耐えられる椅子は世界中どこを探してもありませんとお答えしたものの、大丈夫とは言えませんが貫を増やせばすこしはましになりますよ、ということで特注製作させていただきました。

この種類の特注製作は4脚以上のご注文でお受けさせていただいています。

追加料金は貫1本につき 1,000円ですので、この椅子の場合は1脚につき3,000円の追加料金となります。

こういうご注文にも対応できますので、よろしかったらどうぞ。
 
| koboitsuki | 作品 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
これは楽だ。 そうでしょう。
昨日のこと、年配の女性が楽な椅子を探してるとご家族と来店されたんです。

女性は腰痛をおもちとのことでかなり痛そうで歩くのも辛そうでしたが、TS2チェアに座っていただいたところこれは楽だと気に入っていただけました。

でも一度考えてみると帰られたんですね。

そのお気持ち、よく分かります。
なにしろTS2チェアは木工家仲間からは安いと言われてるけど、ニトリで売ってる椅子よりかなり高いですから衝動買いできる物ではありません。

で、女性は今日の午後に再び来店されて、TS2チェアのサンプル用現品を購入していただき、そのままお持ち帰りとなりました。

これは自慢で言うのですが、たぶんニトリや他のお店にも行って、いろいろな椅子に座ってこられたと思うのですが、TS2チェアの座り心地が群を抜いてたんだと思います。

TS2チェアは姿勢を安定させることを目的とした椅子なので、腰にも優しいのです。
腰痛をおもちの方はぜひ一度TS2チェアの座り心地を体験してください。

ここはひとつ
TS2チェアは身体に優しい椅子で、お値段以上

の価値があると自信をもって言いましょうぞ!


 
| koboitsuki | 作品 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
新作 特注安楽椅子
久しぶりに新作のご紹介。

特注 ハイバック安楽椅子


左が特注ハイバック仕様の安楽椅子で、右が標準仕様の安楽椅子です。

【特注内容】
・昼寝ができるように背もたれを約30cm延長
・枕を製作
・足下に畳ずりを追加
・肘掛けを5cm延長



枕は片方が硬く、片方が柔らかく作ってあります。
硬い方は読書に、柔らかい方は昼寝するのにちょうどよいです。
枕は引っかけてあるだけなので体形に合わせて自由に上下移動できます。
ふたつの枕を連結しているのは座面と背もたれに使ってるのと同じ真田紐。
真田紐は枕から取り外せるので単体でも枕として使用できます。

畳ずりは和室や絨毯のお部屋での使用に適しています。(フローリングのお部屋での使用に畳ずりは必要ありません)



写真の当社専属モデルは
身長172cm 体重76kg 血液型B型 猫背 性格温和 乱視 性別男

作った自分で言うのもあれですが、この特注安楽椅子はすごく良いです。
腰を下ろして背もたれに身を委ねた瞬間に全身の筋肉からす〜と力が抜けて、とても気持ちがいいですし、長く座っていても腰やお尻が痛くなりません。
無理のない安定した姿勢を保つことで筋肉から余分な緊張を解き放し、座面と背もたれが体重をうまく分散させてるからだと思います。
自分用に1脚欲しいと本気で思いました。

でもいくらこうして言葉を連ねても、実際の座り心地を体感していだくことは出来ません。
なので6月の「木の家具40人展2015」までにサンプル用のハイバック仕様を1脚作ろうかなと考え始めています。

今回の特注製作で安楽椅子の可能性がうんと広がりました。
安楽椅子の可能性を広げる機会を与えてくださったお客さんに感謝です。

【価格】
標準仕様の安楽椅子    120,000円(税込)
・樹種により追加料金が必要になる場合があります

特別仕様追加料金(税込)
・背もたれハイバック仕様 15,000円
・枕           13,000円
・畳ずり追加       15,000円
・肘掛け5cm延長      無料
・ご希望の木綿真田紐に変更  1,000円(標準・ハイバック仕様共通)
・加賀綿真田紐に変更   12,500円(ハイバック仕様は15,500円)

※真田紐の種類や色柄については織元すみやさんのサイトでご確認ください。
 僕が標準仕様で使っているのは木綿袋紐の418番です。
※正絹真田紐はすべり過ぎるのでお薦めできません。
| koboitsuki | 作品 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
昔の工房日誌

このページの先頭へ