工房齋 木工ブログ

木工に関するいろいろなお話
<< タッカーの針を抜く | main | 安楽椅子の特注製作例 >>
柴田君は大丈夫だろうか。
木の家具40人展に毎年出展されてて、「霞を食べて生きてるらしい」とか「常滑のゴッホになった」とまことしやかに噂されてる柴田君

彼の類い稀なる個性と才能は誰にも真似できないし(誰も真似しようと思わない)、誰にも作れない(誰も作ろうとも思わない)木製ロボットフィギアは、もはや40人展になくてはならない存在です。

その柴田君が今年はロボットを作ってる様子をちっともブログにアップしてないのです。
こないだメールをもらった時は作ってますよと書いてあったけど、大丈夫だろうか?と心配になってきました。

柴田君、あなたとあなたのロボットは40人展の必須アイテムです。
頑張ってください。
もしスランプに陥っているようならば、うまい棒のチョコを食べて元気を出してください。
 
| koboitsuki | 徒然日誌 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.itsuki.main.jp/trackback/1283729
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
昔の工房日誌

このページの先頭へ