工房齋 木工ブログ

木工に関するいろいろなお話
禁酒じゃないけど

ふと気がついたら、今年になってアルコール類を一滴も口にしてなかった。

よく考えたら去年11月の木の仕事展IN東海の懇親会でビールを飲んで以来だから、ずいぶん長いこと飲んでないことになるな。毎年正月は兄弟一族が集まって宴会するのが恒例だったけど、今年は家の事情でそれもなかったな。

僕には飲みたいという欲求はまったく無いので別にいいんだけれど、一抹の寂しさを感じるのも確か。

誰か誘って飲みに行こうかな。そうだ、久しく同年会の集まりがなかったから、もうちょっと暖かくなったら皆に声かけて定年退職後の報告会を兼ねて宴会やろう。それがいい。

| koboitsuki | 徒然日誌 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
お知らせ

思うところあって、近日中にこのブログの記事の多くを削除し、今後はお知らせ・徒然日記・作品紹介をメインに記事をアップしてまいります。

| koboitsuki | お知らせ | 21:00 | - | - |
木の家具40人展2017 出展者紹介

木の家具40人展2017の出展者が決まりましたので紹介します。

木の家具40人展2017について詳しくはコチラをご覧ください。

 作家名       工房名                    都道府県

秋山泰宏       cafe craft                     長野県

朝倉亨+玲奈     京都炭山朝倉木工                  京都府

井岡裕一       イオカ ユウイチ                    長野県

井崎正治       工房塩津村                     愛知県

大町浩介       玩具工房 コースケ                   岡山県

岡裕介        木工房 OKA                      京都府

甲斐晋        Frey design                      石川県

加藤洋介       ECHOES furniture                   愛知県

河野文孝       森のキツネ                      北海道

関西春樹       木童工房                       岐阜県

木口秀一       工房 Mobel                     岡山県

栗本泰佑       栗本家具工房                     福井県

小島俊明       小島屋                        長野県

小林朗        AKIRA WOODWORK                  滋賀県

近藤涼太       WELD SUPPLT CO.

齋田一幸       工房 齋                         愛知県

佐藤康司       工房 森の樹                       岡山県

柴田航                                   愛知県

鈴木智        木の家具 quiet furniture of wood 京都府

谷進一郎       谷工房                        長野県

中井智章       中井木工                       三重県

野木村敦史      すまうと                       静岡県

平野孝博      LIFE woodworks                  熊本県

平山和彦・真喜子 平山日用品店                       京都府

福岡幹夫     家具工房 Trunk                     愛知県

松島洋一     Mtoys                          京都府

南秀明      工房 南                          三重県

守安大地     Greatland Furniture                 奈良県

安田吉伸                                 岐阜県

山内靖浩     kitoma                        静岡県

山上浩明・順子  なごみのき                       佐賀県

山口祐弘     ファニチャーホリック                福井県

山口喜徳     幸築舎                       埼玉県

吉積透      木工房 YZ                      滋賀県

若林孝典     工房 童                        岡山県

綿引健太郎    家具工房ちいろばクラフト            愛知県

| koboitsuki | お知らせ | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハサミの研ぎ直し

これは僕が毎日の仕事で使っているハサミです。

このハサミを買ったのはずいぶん前のことで、ハサミとしてはかなり高かったけれど、使いやすくて丈夫そうな姿に惚れて衝動買いし、期待にたがわず良い切れ味で愛用してたんです、が、最近は切れが悪くなってきたなと感じるようになってたんです。

それもそのはず、紙はもちろん古いペーパーコードをざくざく切ったり革を切ったり薄いアクリル板を切ったりと、遠慮会釈なくかなりハードに毎日使ってましたから。

そんな環境に置かれてもなお、これまで不自由なく使えてたことはむしろ賞賛に値するでしょう。

で、新しいハサミを買うことも考えたんですが、長年使ってる道具として愛着があるし、捨てるに忍びない心境から研ぎ直しをすることにしたんです。

ネットで調べたら幸いなことにメーカーが研ぎ直しを請け負ってたのでさっそく送ったところすぐに電話がかかってきて、裏がかなり減ってますからずいぶん使い込んでいただいてますね(木工の刃物と同じでハサミも裏が大事なんだ)、主に何を切るのに使われてますか?それに合わせて研ぎ直します、と言われたんですね。おお〜それはうれしい。

研ぎ直しが完了して戻ってきたハサミの切れ味は、さすが抜群です。

僅かにあったガタも無くなり、刃はシュッという感じの手応えと共に合わさり、気持ちいいことこの上無し。100均のハサミではこうはいかない。

買ってよかったこのハサミ。よい道具は気持ちいいし満足感がある。この先も長く使えそうです。

| koboitsuki | 徒然日誌 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
お知らせ

すみません、諸般の事情によりしばらくの間、すべての受注を控えさせていただきます。

僕自身は元気ですのでどうかご心配なく。

受注再開の際はまたお知らせさせていただきます。

申し訳ないですが、よろしくお願い申し上げます。

| koboitsuki | お知らせ | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
新作 オットマン
要望の多かった安楽椅子用のオットマンのサンプルを2個作りました。



サンプルは高さ違いで作ってあるので、実際に試していただいてご希望の高さでお作りします。

★ご注意★ 踏み台の代わりにはなりません。
      乗ったらすっぽ抜けるかワヤになります。

安楽椅子価格表(税込)

標準仕様  120,000円
ワイド仕様 135,000円
ハイバック仕様 135,000円
二人掛け仕様  220,000円
オットマン  30,000円

ご希望の木綿真田紐に変更する場合の追加料金 1,000円

オットマンのご注文は、安楽椅子をお買い上げいただいたお客さまに限らせていただきます。

上記価格は樹種がチェリー、ナラ、山桜等の場合です。
ウォールナットの場合は10%アップとなります。
価格・仕様は予告なく変更する場合があります。
| koboitsuki | 作品 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
安楽椅子の特注製作例


ひじ掛けの高さを2センチアップし、お客さんが持ち込まれた板を自然の形を生かしたナチュラルエッジ使いで製作しました。
真田紐は加賀錦袋紐を使用。
工房齋はこのようなご要望にもお応えできます。

特注製作の追加料金は都度見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせe-mail: koboitsuki@eos.ocn.ne.jp

以下は製作中の写真です。参考に


二枚ホゾはオーバークォリティだと思います。自己満足の世界です。

さあ最終組み立てだ!と気合を入れて臨みます。

定盤があるとガタをチェックできるから安心。

クランプする場所は部材にキズが付かないよう当て木をしときます。

木工家が作るソファ(ベンチ)はほとんどが板座かクッション座ですが、真田紐を使ったソファはオンリーワンだと思いますし、それらと比べて座り心地はずば抜けて良いと自負しています。
ウソや誇張だと思うなら実際に座ってみてください。
座った瞬間に全身の筋肉からス〜と力が抜けてくのを感じていただけると思います。
それは姿勢が無理なく安定するからです。
| koboitsuki | 作品 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
柴田君は大丈夫だろうか。
木の家具40人展に毎年出展されてて、「霞を食べて生きてるらしい」とか「常滑のゴッホになった」とまことしやかに噂されてる柴田君

彼の類い稀なる個性と才能は誰にも真似できないし(誰も真似しようと思わない)、誰にも作れない(誰も作ろうとも思わない)木製ロボットフィギアは、もはや40人展になくてはならない存在です。

その柴田君が今年はロボットを作ってる様子をちっともブログにアップしてないのです。
こないだメールをもらった時は作ってますよと書いてあったけど、大丈夫だろうか?と心配になってきました。

柴田君、あなたとあなたのロボットは40人展の必須アイテムです。
頑張ってください。
もしスランプに陥っているようならば、うまい棒のチョコを食べて元気を出してください。
 
| koboitsuki | 徒然日誌 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
タッカーの針を抜く

これは先日張り替えた椅子から抜いたタッカーの針の一部です。

通常、タッカーの針はニッパーを使えば簡単に抜けるのですが、今回の椅子は幅約7ミリ、深さ約6ミリの溝の中にタッカーの針が打ってあり、ニッパーが届かなかったんです。
仕方ないので細いマイナスドライバーでこじって抜こうとしたけど、ドライバーの先が針に引っ掛からないもんだから、どうにもこうにも抜けない!
針を抜かないことには張り替えが出来ない!

で、いろいろやって最終的に捨ててもいい二分のノミの先をタッカーの針の横に少し打ち込んで引っ掛かりを作り、細いドライバでこじってなんとか浮かせ、浮いたところをニッパーで抜いたんです。

文字にするとそれだけですが、とにかく細いドライバーでこじるのが大変で、さらにタッカーの針は1脚に256本も打ってあるもんだから組立グリップして作業してても1脚抜き終わるころには右の手の平と指先の皮が浮いてぶよぶよしててヒリヒリヒリ。
ぶよぶよがなくなるまで数日かかりました。
 
| koboitsuki | 徒然日誌 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
造影剤
皆さんはMRI検査やCT検査を受けたことあるでしょうか?
僕はMRI検査は未経験なんですが、一ヶ月ほど前に人生二回目のCT検査を受けたんです。

でその時に造影剤を入れたんですね。
事前の説明で造影剤を入れると身体がカーと熱くなりますよと言われてて、造影剤も生まれて初めての経験だったのでどんな感じになるんだろうと興味深々で台の上に横になりました。

点滴の針をプスッと刺し、「じゃあ入れますよ」という言葉と共にじわっという感覚があり、そして数秒後に喉と肛門がカーと熱くなったんです。

その熱くなり具合がいきなりだったので少々面食らいましたが、それが正常らしいですね。
あとから技師さんが「○○○漏らしたと感じる人もいるようですよ」と言ってたのも納得できる熱くなり具合でした。

次はMRI検査も受けてみたいと思うけど、今のところまだ機会に恵まれていませんです。
| koboitsuki | 徒然日誌 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
昔の工房日誌

このページの先頭へ